吉祥寺の【健整体院】

症状について

不眠症

入眠障害
寝床についてから30分以上眠れない場合は「入眠障害」の疑いがあります

■原因としてかんがえられることは
・寝室の照明や周囲の騒音などの睡眠環境についてです。
・床に入ってからもいろいろなことを考えてしまい、寝つけなくなってしまうわけです。
・ストレスや悩みごと、あるいは考えごとが原因となって入眠障害となるケースも少なくありません。

■このようにしてみては
・入浴は38から39℃のお湯で20分間位で終わるようにする。
・入浴直後は眠りに入りにくいので、火照りを鎮めてから眠る。
・夜間の運動は避ける。
・夜遅くに食事をしない。 など
ページの先頭へ
中途覚醒
寝つきが良くすぐに眠りにつくことが出来るものの、朝までに何度も目が覚めてしまうといった症状も不眠症の一つだといえます。
基本的には朝までに目覚める回数が、1日2回以上で週に3日以上あるようなら、中途覚醒の可能性があります。

中途覚醒の特徴として挙げられるのが、寝付きが良いことです。
中途覚醒では、疲れだけでなくストレスも非常に溜まります。
アルコールには気分を興奮させる成分が含まれている為、
眠くて睡眠をとっているのに眠りが浅くなり
途中で起きてしまうことがあります。

■覚醒の原因を探ること
例えば
・アルコールは深酒にならない量で抑え、改善されない場合は飲むことを止めてみる。
・睡眠前に興奮や覚醒作用のあるドリンク(コーヒー等カフェインを含むもの)を 飲まないようにする。
・睡眠前のタバコは控える。
・ゲームやテレビで興奮させないようにする。
・ストレスを感じてる場合は、疲れすぎないストレッチでリラックスも大切です。

■ 睡眠の環境状況を見直すのも良いと思われます。■
・寝具をかえる・部屋の灯りをかえる・アロマをたくなど環境をかえる事も大切です。
ページの先頭へ
早朝覚醒
早朝覚醒とは、起きたい時間よりも早い時間に目が覚めてしまい、もう一度寝ようと思ってもなかなか寝付けない場合が多く、非常にストレスが溜まる不眠症の症状になります。
中途覚醒は、夜中に目が醒めはしますが、またすぐに眠れることもあります。
加齢によって睡眠に必要な物質、メラトニンの分泌量が減っていき、年とともに睡眠力というのは低下していくのです。
早朝覚醒の原因は精神的なものであることが多いいようです。
不安を和らげ、ストレスを軽減することが大切です。
ページの先頭へ
熟眠障害
熟眠障害とは、睡眠が浅かったり、夢ばかり見て、ぐっすり眠った気がしないという眠りが浅いという、「量はとれても質がとれていない」ということです。
筋肉は休めていても脳が休息できていないため、疲労回復できず、日中に集中できなかったり体がだるいといった症状がでてきます。
■睡眠の環境を変える
寝具をかえる・部屋の灯りをかえる・アロマをたくなど環境をかえる事も大切です。

■日中より活動的な生活を
運動不足な方は軽い運動から始めることなどオススメいたします。
ページの先頭へ

TEL.050-3493-9305,受付時間 10:00~20:00(21:00),休診日 木曜日・祝祭日

  • 整体院案内 お問い合わせ ご予約
  • 腱引きについて
症状について
頭痛
顎関節症
歯列接触癖(TCH)
首の痛み
ストレートネック
肩こり
四十肩(五十肩)
肘の痛み
腰痛
腰椎椎間板ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
坐骨神経痛
膝の痛み
捻挫
外反母趾
自律神経失調症
不眠症
便秘
ストレス

Information

健 整体院
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目4-1
井の頭ビル901
整体をお探しの方は吉祥寺の【健 整体院】へ!腰痛・肩こり・膝・関節痛などお任せ下さい!
TEL.050-3493-9305,受付時間 10:00~20:00(21:00),休診日 木曜日・祝祭日
mail form
  • 全国の整体師の口コミ情報  整体.COM

PAGE TOP